生理前イライラ解消法

生理前のイライラを解消したいのなら、まずはストレス解消が一番です。

生理前の体は本当にデリケートです。精神的にイライラする症状だけでなくて、眠気が強く体が疲れやすく感じる人や頭が痛くなる人、肌があれてしまう人や便秘になる人等‥。本当に生理前の女性の体ってデリケートなんです!

それを分かってくれる男性は、実はそれほど多くなかったりします。これが女性には困りもので、生理前の不快感を男性陣が分かってくれない、それにまたイライラしてしまうという悪循環が起こってしまうのです。

 

生理前のイライラ解消にはリラックスすることが一番です。そして一番肝心な事は、自分の祖のイライラがホルモンバランスの乱れによるものだとしっかりと分かっておくべきです。これを分かっているのと分かっていないのとでは大違いです。イライラがホルモンの作用によるものだとわかっているのなら、周りの人に(言いやすい人に限りますが)ちょっと体の都合で…と一言いう事が出来ますから。生理前のイライラと自分自身が分かっていないでただ単にそのイライラを周りにぶつけてしまうようなことがあれば、それは本当に日常に生活に支障が出ている、といっても過言ではありません。生理不順でいつ生理が来るかわからない、という方は特に注意が必要です。

 

PMS(Premenstual syndrome、生理前の不快感)は女性なら誰にでも起こりうるものなんです。ですからもっと社会的にPMSの存在を広く知ってもらった方が、世の中の仕事がうまく回るかもしれません。生理休暇というのもが日本ではあまり認められていませんが、でも海外ではちゃんと認められている国もあります。職業によってもそれがちゃんと認められているものもあります。PMSで仕事を休むことはあまりないとは思いますが、でも仕事に支障が出る場合もあるので、生理前と自分自身で分かっているのならちょっとしたことでも良いので何かしらの工夫をするのが良いでしょう。

生理前のイライラを鎮めるには、まず肩の力を抜く工夫をしましょう。そしてあまり精神的にも肉体的にも無理をしすぎないようにしましょう。この時期は女性にとってとても敏感な時期です。どうしてもそれが出来ない時は婦人科に受診に行きましょう!生理前イライラ病院で治る?病気なの?とお悩みの方でも必ず婦人科のお医者さんは良いアドバイスをくれるはずです。受診することは無駄ではありません!

どうして生理前にイライラしちゃうの?

生理前のイライラは二つある女性ホルモンの切り替わりの際に、その二つともが一緒に体内に作用するときにおこるそうです。このイライラにお悩みの女性は多いですよね。このイライラとする時期ですが、精神的なものだけでなくて、同じ時期に体にも不調を起こすことがあると言われています。ここに生理前の不調の統計を取ったアンケートがあります。

 

  1. イライラ
  2. 腹痛や下腹部の痛み
  3. 頭痛や頭が重い感じがする
  4. 眠たくなる
  5. 胸が張る、胸がいたくなる

 

上に挙げられたような不快感が生理前の女性には出るそうです。またランキングには入っていませんでしたが、甘いものがやたら食べたくなる…というものもありました。

生理前にはイライラだけでなく様々は症状が女性の体には現れるのですね。ホルモンの作用で発症する不快感なので薬を使ってその症状を抑えても良いものなのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。我慢できるような症状なら薬を必要とはしていませんが、もし自分一人でコントロール出来ないような症状なら何かしらの薬の助けを借りても良いかもしれません。婦人科の医師が相談に乗ってくれるでしょう。

またこのようなイライラを不快に思っているのは本人だけではありません。会社の同僚や上司、家族にも時には迷惑がかかることがあります。一人職場でイライラとする人がいたら気を使いますし、子供に当たってしまう…というママさんもいらっしゃいます。家族や同僚のために何かしらの対処をする、ということも大切なのではないでしょうか。このような生理前の不快感は実際のところ、女性同士でもわかり合えない部分があります。ある人はイライラがきついけれど、ある人はそうでない…とこのようなこともあります。女性同士でも分かりあるのが難しい場合もあるくらいですから、それは男性や子供になるともっとわからない…かもしれません。

生理前の不快感は精神的なもの、とする人もいますが、実際には女性ホルモンの作用によるものですから自分で何とかしようと思っても出来ない場合もあります。それをパートナーや大切な人にちゃんと伝える事も、生理前のイライラの対処法として大切なのではないでしょうか?

 

女性にはイライラしちゃう時期がある

女性は毎月、二つのホルモンの作用によって生理になっています。この二つのホルモンの力によって生理だけでなく、妊娠や出産など女性としての人生のとても大きな大切なイベントをも左右している、ホルモンって本当にとても大切なものです。女性の体がデリケートなのはこのホルモンの作用による事が多いのです。ホルモンは体だけでなく時には精神状態にも影響を及ぼします。生理前の女性がイライラしやすいのは実はホルモンの影響なのをご存知ですか?

生理前のイライラを無くしたい、このイライラによる情緒不安定をなんとかしたい、と思っている女性は実はけっこういます。自分自身で感情のコントロールが出来ないほどきつい症状の方は婦人科にお世話になっている方も、実際にいらっしゃいます。PSMといって生理前のイライラはもう既にきちんと科学的にそういった症状が女性に起こることが証明されています。これは精神論ではありません。化学的に証明されている事なのです。婦人科では具体的に、症状によってピルを処方して貰えます。ピルは女性ホルモンの分泌を安定させるのに一役かってくれます。一昔前ならピルを飲むと太りやすくなる、という副作用がありましたが、今のピルですとそこまでの症状は出ないそうです。でも出血の際に血を止める役割のある血小板の働きに作用を起こす事があるそうですので、ピルを日常的に使う場合は年に一度の検査は受けておいた方が良いでしょう。年に一度の血液検査、それに加えて2年に一度の子宮頸がんの検査も受けた方が良いでしょう。これは婦人科の医師が推奨している事です。

このように今では、生理前のイライラの解決は科学的に出来ると証明されていますから、生理前のイライラとした症状をコントロール出来ない、とお悩みの方は婦人科を一度、受診してみましょう!きっと有効な解決方法を紹介してもらえますよ。それから、お医者さんの助けを借りるだけでなく、ご自分でもストレスが溜まらないような工夫を忘れないようにしましょうね。女性は男性よりもストレスが体に及ぼす影響が多いですから!